Copan Rinas
http://copanblog.blog25.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
カリブ海旅行
2008-12-05 Fri 03:31
日本で中米旅行と言えば、メキシコ、グァアテマラが中心でした。
そのついでに、日程が許せばコパン遺跡を見てみようかという程度ですから、滞在日数はせいぜい1-2泊ていどです。しかし、コパンルイナス市は遺跡以外に見所もあり、安全、快適、エコノミーなホテルが多くあり、どこでも美味しいホンジュラス料理を食べられることを知っている欧米人は、カリブ海のバイア諸島と組み合わせて日程を作り、非較的長期間コパンルイナス市に滞在しています。
コパンルイナスだけでも3-4泊する価値はありますし、北部カリブ海沿いの港町、テラ、ラ・セイバを訪れた後に、ロアタン、ウティラ,グァナハ等カリブ海に浮かぶ島々で数日過ごせば、良いバカンス旅行になります。

先日、テラへ行き静かなビーチ沿いのホテル・セサール・マリスコスで2泊し、
更に、ラ・セイバへ足を伸ばし2泊してピコ・ボニート国立公園の自然に触れ、
ロアタン島で3泊してきました。
私は海が苦手ですが、スキューバをつけて潜ったりグラスボトムボートで魚を眺めたりして、結構楽しんできました。特に良かったのは、アンソニーズ・キー・ロッジで毎日やっているイルカのショーです。ロッジ前に広がる湾内を伸び伸びと泳ぎまわり、さまざまな芸を見せてくれるイルカに、子供も大人も大喜びでした。

イルカ

島内をタクシーで見て回りましたが、ビーチ沿いに大小のロッジや高級リゾート施設が点在し、背景になる青い海と緑の島影がとてもきれいでした。本格的にダイビングをやりたい人には絶好の環境でしょう。

ロアタン



ロアタン島への交通
コパン~ラ・セイバ(国際バス、所要約8時間、料金約3千円)
ラ・セイバ~ロアタン島(フェリー、所要約1時間、料金約2千円)
ロアタン島~サン・ペドロ・スーラ(飛行機、所要約1時間半、料金約7千円)
サン・ペドロ・スーラ~コパン(国際バス、所要約3時間、料金約1千8百円)
(時間、料金はあくまでおおまかな目安です)

ロッジ


行きは、数百人乗りの大型の新しいフェリーで快適でしたが、天候の悪い時は船酔いに要注意です。港は、市内から車で20分程離れていてバスがなく、タクシーで移動しました。帰りは数十人乗りのプロペラ機でしたが、乗客は私を入れて4人だけだったので、専用機に乗っている気分でした。
フェリーの予約は港に着いてその場で、飛行機は前日にロアタン空港でしました。
帰る日が決まっていれば、島に着いたらすぐ空港に立ち寄り予約しておくと安心です。
ホテルは、ホンジュラス・チップスというどこでも手に入るフリーペーパアーに詳しく掲載されていて、US$50前後の予算で選びましたが、どれも居心地良く過ごせました。、
日本からは、米国のマイアミ経由でロアタン島へ飛行機が飛んでいるので、カリブ海で
ゆっくりした後にコパン観光も可能です。(N)





スポンサーサイト
別窓 | 旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
グアテマラ旅行
2008-11-26 Wed 03:51
コパンからの旅行先としては、なんといっても隣国のグァテマラです。
グァテマラは、中米ではメキシコと並ぶ人気の観光国ですが、見所は世界遺産に登録されたアンティグア、世界一美しいとも言われるアティトラン湖とその周辺のインディオの村々、それとマヤ文明遺跡の中でも最大規模のティカル遺跡等でしょう。

コパンから車で20分ほど、広いアスファルト舗装の国道を走ると、国境の町エル・フロりドです。
更に-5ー6時間走れば、首都グァテマラシティーを経由してスペイン植民地時代からの古都アンティグアへ行けます。コパンからは、各旅行社が片道US$12前後で車の手配をしてくれます。
コパンと同様に治安が良く、ホテルがきれいで料金も手頃だそうです。
町はきれいで大きく、雰囲気のある良い所と聞きます。
私達ジャイカのボランテイアは、首都グァテマラシティーの治安が悪いため、入国禁止で行けないのが残念です。
アンティグアには旅行社が多く、パナハッチェル、チチカステナンゴ等へパーケージツアーを組んでいます。その中でも、テイカル遺跡日帰りツアーは日程が限られた旅行者に人気だそうです。
朝6時頃出発し、グァテマラシティー空港から飛行機で約一時間飛んで、ティカル遺跡から車で1時間ほど離れたフローレス空港に着き、終日遺跡めぐりをして夕方アンティグアへ帰る日程です。

マヤの都市国家を現代世界に当てはめれば、コパンはパリでティカルはニューヨークと言った考古学者もいます。最盛期は人口10万以上の人口があり、33代800年間に及ぶ王朝の記録が残されているとも聞きます。千年以上も前に中米に存在した大都会の遺跡です。

参考までに、アンlティグアからのパッケージツアーを紹介します。

・パナハッチェル日帰りツアー(US$35)
・ティカル遺跡日帰りツアー(US$236)
送迎バス、ガイド、昼食、税、ティカルの場合は往復航空運賃込みです。
追加料金でティカルでは宿泊もできます。
コパン市内にあるグァテマラのPlus Travel Agency で手配をしてくれます。
E-mail  plustravelagency@yahoo.com
Tel 651-4088

注:時間に余裕のある人は、コパンから車で9時間前後かけて、ティカル遺跡に行くことも出来ます。    この場合は2泊することになります。


コパンに来たらグァテマラまで足を伸ばしてみて下さい。(N)









別窓 | 旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| コパンblog |
copyright © 2006 コパンblog all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。